砥之粉は、京都山科の伝統産業で、日本で唯一の生産地です。

HOME

製品紹介・価格表

弊社の砥の粉は≪ぬしや向請合≫として漆下地の職人さん、神仏具の職人さん、家具職人さん、宮大工職人さん、陶芸家の先生とほんまもんにこだわる≪匠≫と呼ばれる皆様方に信頼と信用を頂き90年、創業以来の独自の工程(水を流し、ろ過と沈殿を繰り返す二度網潜り製法)を守っています。トロミル(※1)で10時間ほどかけて磨り潰した原料を最初は120メッシュの網、2度目は150メッシュの網(※2)に水と共に潜り抜けさせてできる製品です。

弊社の砥の粉は、着色はせず自然のままの原料色です。木材の目止めや下地として、また昔から環境に優しい天然自然な木材の防虫剤としても使って頂いています。

また、製品となった砥の粉をもう一度粉末にした霧粉という製品も扱っています。

砥之粉(とのこ)の種類

砥之粉には、基本となる「赤」「白」「黄」の砥之粉(とのこ)があります。 砥之粉の原料は、粘板岩(ねんばんがん)及び頁岩(けつがん)などで形成される極度に風化した岩石です。その原料は風化作用により黄褐色となります。この風化の速度に応じて色目が変わることを利用して「赤」「白」「黄」の砥之粉が製造されます。

他にも、主に専門用途に使用する「地之粉」「純白砥之粉」があります。

また砥之粉の生産はその原料を超微粒子(325メッシュの水洗残分0.8%)の粉末にするところに特色があります。その粉末を霧粉といい、固めたものを砥之粉と呼びます。砥之粉を使用することにより木孔(きほう)を埋めシロアリなどの害虫から木製品を守る天然の防虫材の効果もあります。

赤砥の粉(120メッシュの網、2度目は150メッシュの網)

『赤』は主にうるし塗りの下地や、あらゆる木製品の目止め、また滑らかな仕上げとして使用します。

*
[原 料]

*
[砥の粉]

*
[霧 粉]

濃い赤砥の粉(120メッシュの網、2度目は150メッシュの網)

『濃い赤』は原料の中で特に赤色の濃い部分を選んで製造した砥の粉です。自然な着色料として、また木製品の目止めとして使用します。

*
[砥の粉]

*
[霧 粉]

特選赤砥の粉(120メッシュの網、2度目は180メッシュの網)

『特選赤』は《ぬしや》向きの砥の粉として漆塗り職人さんの信頼と信用を頂き、手作業の工程では限界の最高の微粉末の製品です。役者の化粧下地として、化粧師の先生方にも愛用していただいています。

*
[砥の粉]

*
[霧 粉]

黄砥の粉(120メッシュの網、2度目は150メッシュの網)

『黄』は主に桐製品や木製品の目止め、自然な着色料として、また滑らかな仕上げとして使用します。

*
[原 料]

*
[砥の粉]

*
[霧 粉]

白砥の粉(120メッシュの網、2度目は150メッシュの網)

『白』は主に建築の白木に使用します。手あか防止、目止め、また滑らかな仕上げとして使用します。

*
[原 料]

*
[砥の粉]

*
[霧 粉]

純白砥の粉(120メッシュの網)

『純白』は特に白い木製品の目止め、自然な着色料として、また滑らかな仕上げとして使用します。

*
[砥の粉]

*
[霧 粉]

『山科 地の粉』は漆塗りの下地として厚みをだしたいとき使用されます。地の粉とは砥の粉を製造する過程で少し粗い部分を集めてつくった粉末です。

荒目 地の粉(40メッシュの網を使用)

『山科 地の粉』のあらめの粉末の製品です。

*

地の粉(60メッシュの網を使用)

『山科 地の粉』の標準的な粉末の製品です。

*

細目 地の粉(90メッシュの網を使用)

『山科 地の粉』の細かめの粉末の製品です。

*

稲荷山 濃い黄 地の粉(50メッシュの網を使用)

昔ながらの製造工程の胴搗き(どんつき)(※3)で粉砕した地の粉です。 胴搗きを使っての製造工程を守っている唯一の製品です。陶芸用の土に混合したり、うわぐすりとして、また自然な着色に適しています。

*
[原 料]

*
[地の粉]

稲荷山 地の粉(50メッシュの網を使用)

木材の下地として、また京壁土としても使用されています。

*

特級胡粉(120メッシュの網)

日本人形の顔や日本画の絵具としても使用されています。

*

*

(※3)胴搗き(どんつき)
以前は胴(どん)搗き(つき)を使って砥の粉などを製造する工場もありましたが、平成10年頃に廃業され今は無くなりました。 現在、稲荷山 地の粉だけが胴搗きを使って製造されています。

製品一覧

赤砥の粉 霧粉600g 1kg 1kg×20 20kg 霧粉20kg 詳細をみる
350円 500円 4,460円 3,460円 3,760円
濃い赤砥の粉   1kg 1kg×20 20kg 霧粉20kg 詳細をみる
  520円 4,640円 3,640円 3,940円
特撰赤砥の粉       20kg 霧粉20kg 詳細をみる
      5,460円 5,760円
黄砥の粉 霧粉600g 1kg 1kg×20 20kg 霧粉20kg 詳細をみる
390円 550円 4,900円 3,900円 4,200円
白砥の粉 霧粉600g 1kg 1kg×20 20kg 霧粉20kg 詳細をみる
460円 650円 5,600円 4,600円 4,900円
純白砥の粉   1kg 1kg×20 20kg 霧粉20kg 詳細をみる
  700円 6,250円 5,250円 5,550円
地の粉(細目)
90メッシュ
  1kg   20kg   詳細をみる
  1,000円   8,400円  
地の粉(普通)
60メッシュ
  1kg 1kg×20 20kg   詳細をみる
  800円 7,140円 6,140円  
地の粉(荒目)
40メッシュ
  1kg   20kg   詳細をみる
  1,000円   8,400円  
稲荷山地の粉   1kg   20kg   詳細をみる
  1,000円   8,400円  
稲荷山黄地の粉 600g     18kg   詳細をみる
950円     12,600円  
特級胡粉 600g     25kg   詳細をみる
500円     5,250円  

製品紹介と販売価格

赤砥之粉

「赤」は主に漆塗りの下地や木製品の目止めまたはなめらかな仕上げに使用します。

分析表はこちら製品一覧へ
  赤霧粉600g 赤砥之粉1kg 赤砥之粉1kg×20 赤砥之粉20kg 霧粉20kg
内容量 霧粉600g 1kg 小袋入1kg×20 20kg 霧粉20kg
販売価格 350円 500円 4,460円 3,460円 3,760円
濃い赤砥之粉

特に色の濃い原料を選んで作りました。木材等の深みのある赤また着色料として使用します。

分析表はこちら製品一覧へ
  濃い赤霧粉 濃い赤砥之粉1kg 濃い赤砥之粉1kg×20 濃い赤砥之粉20kg 濃い赤霧粉20kg
内容量   1kg 小袋入1kg×20 20kg 霧粉20kg
販売価格   520円 4,640円 3,640円 3,940円
特撰赤砥之粉

漆塗りの職人さんの信頼と信用を頂き、90年手作業の工程では限界の最高の微粉末砥の粉。325メッシュの水洗残分0.3%

分析表はこちら製品一覧へ
  特撰赤霧粉     特撰赤砥之粉20kg 特撰赤霧粉20kg
内容量       20kg 霧粉20kg
販売価格       5,460円 5,760円
黄砥之粉

桐製品や木製品の目止め、自然な着色料として使用します。

分析表はこちら製品一覧へ
  黄霧粉600g 黄砥之粉1kg 黄砥之粉1kg×2 黄砥之粉20kg 黄霧粉20kg
内容量 霧粉600g 1kg 小袋入1kg×20 20kg 霧粉20kg
販売価格 390円 550円 4,900円 3,900円 4,200円
白砥之粉

日本建築の白木に使用します。手あか防止、目止め、またなめらかな仕上げとして使用します。

分析表はこちら製品一覧へ
  白霧粉600g 白砥之粉1kg 白砥之粉1kg×2 白砥之粉20kg 白霧粉20kg
内容量 霧粉600g 1kg 小袋入1kg×20 20kg 霧粉20kg
販売価格 460円 650円 5,600円 4,600円 4,900円
純白砥之粉

特に白い木製品の目止め、自然な着色料として使用します。

分析表はこちら製品一覧へ
  純白霧粉 純白砥之粉1kg 純白砥之粉1kg×2 純白砥之粉20kg 純白霧粉20kg
内容量   1kg 小袋入1kg×20 20kg 霧粉20kg
販売価格   700円 6,250円 5,250円 5,550円
地之粉(細目)90メッシュ

『山科地の粉』の細目の製品です。

製品一覧へ
  地之粉(細目) 地之粉(細目)1kg   地之粉(細目)20kg  
内容量   1kg   20kg  
販売価格   1,000円   8,400円  
地之粉(普通)60メッシュ

漆塗りの下地として厚みをだしたい時に使用します。地の粉の8割以上はこの製品です。

製品一覧へ
  地之粉(普通) 地之粉(普通)1kg 地之粉(普通)1kg×20 地之粉(普通)20kg  
内容量   1kg 1kg×20 20kg  
販売価格   800円 7,140円 6,140円  
地之粉(荒目)40メッシュ

山科地之粉(あらめ)の粉末の製品です。

製品一覧へ
  地之粉(荒目) 地之粉(荒目)1kg   地之粉(荒目)20kg  
内容量   1kg   20kg  
販売価格   1,000円   8,400円  
稲荷山地之粉

材料の下地として、また京壁土としても使用します。

製品一覧へ
  稲荷山地之粉 稲荷山地之粉1kg   稲荷山地之粉20kg  
内容量   1kg   20kg  
販売価格   1,000円   8,400円  
稲荷山黄地之粉

胴搗きを使って製造工程を守っている唯一の製品です。

製品一覧へ
  稲荷山黄地之粉600g 稲荷山黄地之粉1kg   稲荷山黄地之粉18kg  
内容量 600g     18kg  
販売価格 950円     12,600円  
特級胡粉

日本人形の顔や日本画の絵具としても使用されています。

分析表はこちら製品一覧へ
  特級胡粉600g     特級胡粉25kg  
内容量 600g     25kg  
販売価格 500円     5,250円  

※商品の色は、画面の具合で実物と異なる場合があります。
※霧粉600gをのせている木皿は付属しません。
※大口のお取引をご希望の際はお問合わせください。

送料とお支払いについて

  • 販売価格は消費税別です。
  • 送料は一覧表をご覧ください。
    送料はこちら
  • 通信販売の支払い方法についてはヤマト運輸のコレクトによる代引き配達とさせていただいております。その他のお支払い方法をご希望のお客様は事前にご相談ください。
  • 商品のお問合せ・ご注文は、お電話、FAX、メールまたはお問合せフォームよりお願い致します。

    お電話でのお問合せ:075-581-0031

     FAXでのお問合せ:075-581-0031

    メールでのお問合せ:

    お問合せフォーム

砥之粉分析表

白・黄・赤砥之粉分析表

種別
化学名 ケイソウ土
含有量 100%
成分
(単位:%)
SiO2
シリカ
77.66 60.58 68
Al2O3
アルミナ
10.20 18.02 17.42
Fe2O3
酸化第2鉄
3.17 7.90 5
CaO
酸化カルシウム
0.22 0.22 0.22
MgO
マグネシア
0.95 2.06 0.95
Lg/Loss
強熱減量
3.10 6.28 5.53
その他の
混合物
- - -
CAS No. 7631-86-9    
化審法番号 対象外
危険・有害性 外観等 白色微細粉末
臭気なし
黄色微細粉末
臭気なし
赤色微細粉末
臭気なし
火災・爆発性 認められない
有害性  
国連分類 非該当
国連番号 非該当
物理・化学的 密度 蒿比容積 2.50g/cm3
沸点(℃) データ不明
融点(℃) 溶融温度 1610〜1750℃
水溶解度(g/1) 無し
引火点(℃) 無し
発火点(℃) 無し
爆発範囲 認められない
その他  
安全性・反安全性 安定、分解等の自己反応はない
有害性情報 急性毒性  
刺激性  
その他毒性 ちりは肺の繊維症を起こすことがある
生態影響  

純白砥之粉・特級胡粉分析表

種別 純白砥之粉 特級胡粉
化学名 葉ろう石 Calcium Carbonate
含有量   95%以上
成分
(単位:%)
SiO2
シリカ
15〜20%  
Al2O3
アルミナ
75〜80%  
CAS No. 12141-46-7 471-34-1
既存化学物質番号   1-122
危険・有害性 外観等 白色粉末
火災・爆発性 認められない
有害性 長期に亘り粉じんを吸入した場合、肺での蓄積により、じん肺の恐れあり。 なし
物理・化学的 密度   2.7
沸点(℃) データ不明
融点(℃) 約810℃脱水  
水溶解度(g/1) 水に不溶 酸、炭酸水、NH4Clに可溶
引火点(℃) 不燃物  
発火点(℃) 不燃物  
爆発範囲 認められない  
その他  
安全性・反安全性 安定物質  
有害性情報 急性毒性   なし
刺激性   なし
その他毒性   なし
生態影響 長期に亘り粉じんを吸入した場合、肺での蓄積により、じん肺の恐れあり。 なし

使用上の注意及び処置

【応急処置】
  • 皮膚に付いた場合:作業終了後、石鹸等で洗い流す。
  • 目に入った場合:流水で15分間洗眼する。
  • 吸入した場合:うがいをする。多量の場合は医師の診断を受ける。
  • 誤飲した場合:うがい等する。多量の場合は医師の診断を受ける。
【火災時の処置】
  • 消化方法:燃焼しない。
  • 消化剤: 
【漏出時の処置】
粉塵を立てないように静かに回収する。(真空掃除機等を使用する)
最後に水等を使用し、ウエス等で拭き取る。
【取扱い及び保管上の注意】
  • 取扱い:飛散しないように注意する。保護具の着用が望ましい。
  • 保管:封をする。粉じん発生に注意する。
【接触・吸入防止】
[許容濃度]
日本産業衛生学会:吸入性粉塵 0.5mg/m2、総粉塵 2mg/m2
ACGIH:TLV Resp Mass 1.5mg/m2

[防止対策]
防塵マスク。局所排気の処置が望ましい。
【輸送上の注意】
容器を損傷しないように注意する。粉じん発生注意。
【廃棄上の注意】
特に無し。
【主な適用法規】
労働安全衛生法 粉じん則
【その他】
[記載内容の問合せ先]
株式会社 進藤謙商店

[引用文献]
  • 「123093の化学商品」、化学工業日報社、1993年版
  • ”Dangerous Properties of Industrial Materials(Fifth Edition)”,N.I.Sax
  • 「化学物質の危険・有害便覧」、中央労働災害防止協会編
  • 京都市工業試験所報告書、工試報第7845号

ページのTOPへ戻る↑